• practice course

  • practice course

    自主練用メニュー

自主練用メニュー

Type 01
力任せに発声してしまう
[だんだん声が大きくなる・すぐに声が枯れる、など]
これは、力が足りないのではなく、低音~中音域でテンションがかかり過ぎている(声帯を固めてしまう力が強過ぎる)ため、高音域に入るとひっくり返すしかなくなってしまうことが原因です。
「喉に力が入っているから(喉歌いだから)、腹式呼吸を覚えてお腹から声を出しましょう!」これは大きな大きな間違い!余計に喉のテンションはきつくなり、無理やり声を出す癖が強くなってしまいます!
まずは低音~中音域でのテンションを緩め、自然にミックス、ヘッドへと移動できるようにトレーニングすることが先決です。
※ひっくり返る原因として、声帯の筋力が弱い場合もあります。
男性ならE4、女性ならA4より下でひっくり返る場合は筋力が弱いかも知れませんので、目安にしてください。

Type 02
声がガクガクなる
[高音で声が安定しない・すぐ裏声に逃げてしまう、など]
これは実は発声の仕方は上手く行っている場合が多いんです。固めてしまわず、抜いてしまわず、という出し方をしようとしてガクガクなっている場合が多いので、あとは声帯の筋力を鍛えてあげるだけです。
これもまた上と同じく「腹式呼吸だね」は大きな間違い!(度々出てくるとは思いますが、発声と腹式呼吸は全く関係ないことはすでに医学的にも証明されています)
むやみに呼気を強めると、声帯の筋力とのバランスが悪くなるだけです。まずはしっかりと声帯の筋力を鍛えてあげましょう。

Type 03
喉が締まる
[高音で声が細くなる・喉に力が入る、など]
これは外喉頭筋(がいこうとうきん)と言って、喉頭(喉の軟骨)の周りの筋肉に力が入ってしまっているため、声帯の振動を圧迫してしまっているのです

Type 04
すぐ裏声になる
[すぐ裏声になる・息漏れした声になる、など]
一概には言えませんが、声帯の閉鎖の力、甲状披裂筋(甲状披裂筋)という、声に張りを作る筋肉を鍛える必要がある可能性があります。(ただし、息っぽい音に関しては、閉鎖がきつ過ぎて、声帯が上手く振動せず、掠れた音になることもありますので、見極めが大切になります)

 

こちらに紹介した練習メニューはほんの一部です。実際には発声のタイプは十人十色で、同じ力任せなタイプでも一人ひとり違った発声をしています。
また、自分の声のタイプはなかなか自分では判断できないものです。
「自分の発声はどんなタイプだろう?「どんな練習をすれば改善されるんだろう?」迷ったらお気軽に初回体験レッスンにお越しください!
一発でアナタの悩みが解決します!

page
top

Clearvoice music school